pvc 不整脈 原因

pvcと不整脈の原因

スポンサーリンク

不整脈という症状を聞くときに、pvcという言葉を同時に聞くことがあります。
pvcというのはどのような不整脈となっているのかというと、早すぎると言うことや心室性、このほかには収縮と言うことになります。
pvcというのはこの言葉の意味の頭文字を取ったものとなっています。
その中で不整脈として心室性期外収縮のことをpvcと呼んでいます。

 

pvcとはどのような状態となっているのかというと、pvcとは心室で期外収縮が発生する不整脈のことになります。
期外収縮とはどのような状態のことになるかというと、一定のリズムで脈拍を打っている状態の中で、心臓の鼓動が一時的に早くなってしまう状態のことになります。
このような不整脈のことになります。
心臓は電気によって動いていますが、pvcではその電気の発生源である部分が、送る電気より早く心室が鼓動してしまうことで発症するようになっています。
これが大きな原因となっています。
この状態にはいくつかの原因があります。

スポンサーリンク

不整脈を発生させている原因はいくつか考えられています。
その中で基礎疾患が原因となって引き起こされることが多くなっています。
具体的には心疾患を患っているという人に多く見られます。

 

このようなときには、生活習慣が原因となっていることも少なくありません。
睡眠不足や仕事の中でのストレス、このほかには精神的なストレスが原因となって不整脈が発生すると言うこともあります。
したがって注意をする必要があります。
pvcに関しては、それほど危険性が高くはないものとなっていますが、実際に体にどのような症状が現れているのかを検査で確認する必要があります。

 

脈拍が飛ぶ感じであったり、軽い動悸を感じるというような程度では危険性は低くなっています。
病院を受診しても、経過観察と言うことが多くなっています。
しかし心疾患というような基礎疾患を持っているという人や、症状が重いという場合には、注意をしなければいけません。
病院では心電図検査が行われるようになっています。

スポンサーリンク