不整脈 検査 費用

不整脈の検査費用について

スポンサーリンク

不整脈という言葉を耳にしたことがあるという人が多くなっています。
不整脈というのはどのような特徴があるのかというと、脈が飛んだり脈が乱れるというような状態となります。
このほかにはドキドキしたり脈が速くなったり、脈が遅くなると言うような症状が現れるようになっています。
すなわち、異常な心臓拍動が発生している状態になります。

 

不整脈に関しては、すぐに治療を行わなければいけないというものもありますが、しばらくは経過観察をするというような状態もあります。
さまざまな種類があるというのが特徴です。
日常生活の中で、自覚症状と不整脈の重症度合いが合わないことがあるので、非常に心配になる人が多くなっています。

 

いくつかの循環器疾患がありますが、この中で不整脈の診断や治療は難しいという傾向があります。
その中でどのような検査が行われ、費用がどの程度なのかが気になります。
病院で行われている不整脈の検査や費用は次のようになっています。

スポンサーリンク

不整脈の検査に関しては、まず心電図検査が行われるようになっています。
このなかでホルター心電図という検査がよく行われるようになっています。
これは24時間の心電図の波形を確認することができるようになっています。
したがって種類や頻度、このほかには日常生活との関係性などを把握することができます。

 

このほかに行われている検査としては、心臓超音波検査となります。
これは心臓の基礎疾患を調べることができる方法です。
気になるのが費用になります。

 

費用に関しては、病院によって異なっていますが、心臓エコーの費用に関しては、3割負担で費用が2600円程となっています。
これが1割負担になると費用が880円となります。
ホルター心電図の場合は、3割負担で4500円程になります。
1割負担で1500円程ということになります。
ここでしっかりと把握しておかなければいけないことは、ホルター心電図の検査は2回行わなければいけないという点です。

スポンサーリンク