不整脈 原因 高齢者

高齢者の不整脈の原因

スポンサーリンク

不整脈とは、心臓のリズムが乱れることです。
脈が速くなったり遅くなったりしてスムーズに流れなくなるとドキドキ動悸がしたり、胸が締め付けられるような痛みが起こったり、突然ドンっという感じがしたりします。
突然、胸が痛み苦しくなったり、動悸が急にしたりすると危険ですので救急車を呼びましょう。
高齢者の方は、体調が悪い時にはゆっくり休んだり、どうしても外出の用事の時には一人では出歩かないようにすることも必要です。

 

血液がスムーズに流れなくなると脈が乱れて様々な症状や病気になります。
不整脈になる原因は、暴飲暴食、喫煙、ストレス、過労などの生活習慣が主な原因と言われています。
高齢者は特に食事や運動、睡眠などのバランスが悪くなるので注意をしましょう。

 

また、高齢者になると体の臓器や血管なども老化してきます。
血流がスムーズになるように毎日の生活習慣を見直す必要があります。
高齢者になると急に病気の症状が起こることもあると理解しておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

不整脈の診断は心電図でわかります。
不整脈にならないように原因をつくらないことが重要です。
高齢者になると食事のバランスを考えて、適度な運動をし、十分な睡眠をとることが必要です。
しかし、高齢者になると体の老いからこのような生活が難しくなります。

 

食事のバランスは、低カロリーを心がけ、運動はストレッチや散歩など軽く行い、睡眠は眠くなったら寝る方が質の良い睡眠がとれます。
不整脈になる原因をつくらないということは、生活を規則正しく行うこと、ストレスを溜めないことなどです。
食事をして運動をすると血流は良くなります。
十分な睡眠でストレスが解消されます。
すると不整脈や病気にならない体になっていきます。

 

原因をつくらないようにするためには、原因になることを理解することです。
高齢者になると様々な体の不調が起こります。
しかし、いつまでも健康な体でいられることが長生きをする楽しみでもあります。
不整脈は、怖い病気ですが、予防することができます。

スポンサーリンク