不整脈 手術 成功率

不整脈手術と成功率の重要ポイント

スポンサーリンク

病気治療をするに当たってどんな人でも不安に感じるといえます。
そのその中にあっても手術は成功率も含めて例外なく恐れを抱くものです。
これに関しては本人だけに限らず、家族も同じといえます。
とりわけ身体にメスを入れて切開することは成功率に関して不安に感じます。

 

不整脈をケアする方法は1つにとどまらず様々あります。
カテーテル治療、或いはデバイス治療それから、外科手術や、薬物療法といったものがあり、不整脈のタイプにより方法も違います。
カテーテル治療として執り行われるのが、「カテーテルアブレーションになります。
これに関しては、非常に細い管を身体の首または肩、或いは足の血管に取り込みます。
画像を見つめつつ、電気的に不具合を発症している所を見つけ、カテーテルの先端より高周波を出すことになります。
それから、患部を高熱により焼き上げて、手当てする方法です。
こちらのカテーテルアブレーションの成功率ですが、こちらの治療に於いては、成功率はとても高く9割よりも大きい成功率ということができます。

スポンサーリンク

次いで、不整脈の心房細動手術でメイズ手術と称されるものがあります。
心臓の調律が異常になる不整脈を指します。
心房内に異常性のある電気信号が送られ心室の脈が秩序を失い不整脈になります。
こちらの不整脈の心房細動に陥ると、心臓の機能低下が生じ脳梗塞をおこし易くなります。
その結果心房細動治療は、一定の脈に恢復させ心臓機能を改善し脳梗塞といった血栓塞栓症の可能性を削減することです。

 

メイズ手術は、心房内に見つけられるイレギュラーな電気伝導をカットするのが意図になります。
心房の心筋を切って、もう一度縫い合わせるアプローチです。
こうした手術テクニックは心筋をカットするまた縫うと言う点で時間が掛かるはずです。
その結果、出血リスクが高いことが問題としましてあるということです。
今の時代メスを用いないで、患者の体に相対的にセーフティーな手術が行われます。
メイズ手術の成功率ではありますが、8割程度で確実な脈に戻るという成果になっています。

スポンサーリンク