不整脈 手術 入院 期間

不整脈の手術の入院期間

スポンサーリンク

急に心臓が痛くなったり、動悸を感じるというようなことがあります。
何か大きな病気ではないかと非常に心配になってしまいますが、脈拍を取ることができなかったりというような症状が現れたときには、心臓の病気を意識するという人が少なくありません。
このような症状が現れたときには不整脈の可能性が高くなります。

 

不整脈とはどのような特徴となっているのかというと、脈の打ち方がしっかりと行われていないという状態になります。
不整脈に関しては、すぐに治療をしなくてもよいという症状もありますが、放っておくと大きな病気につながることもあるので、注意が必要となります。
不整脈が脳梗塞や心不全に発展することもあります。
命に関わる状態になってしまうこともあります。
手術や入院期間が必要になります。
不整脈にはいくつかの種類があります。
脈が速くなるという状態や、急に脈が早くなったり、不規則なリズムを刻むようになったり、心臓の中で電気を上手に伝えることができないというようなこともあります。

スポンサーリンク

しがってこのような症状が現れたときには、病院でしっかりと検査を行う必要があります。
胸部レントゲン検査や心電図や血液検査などが行われるようになっています。
ここで不整脈の原因となっている病気があるかどうかを調べることになります。

 

具体的にはどのような治療が行われているのかというと、基礎疾患があるという場合にはこの治療を優先的に行います。
このほかにはペースメーカーを使った治療が行われています。
この場合手術が必要となります。
しかし外科手術と異なり、カテーテルを挿入すると言うことになっているので、体に手術の傷跡が残るという心配がありません。
手術では合併症の可能性もありますが、医師から説明が行われるようになっています。
局所麻酔で行われる手術となっているので、大きな負担を感じることもありません。
手術の時間は2時間から3時間となっています。

 

気になるのは入院期間です。
入院期間に関しては、2日から7日程度となっています。
それほど長い入院期間ではないので、日常生活に支障を来すことはありません。
しかし最初にしっかりと入院期間やリスクを把握しておく必要があります。
このように手術を行って入院期間を終えると、高い確率で完治が可能です。

スポンサーリンク