不整脈 種類 波形

不整脈の波形の種類について

スポンサーリンク

毎日の生活の中で、心臓や脈拍に何らかの異常が発生すると言うことがあります。
そのなかで不整脈という言葉を耳にすることがあります。
不整脈とはどのような状態となっているのかというと、脈拍が早くなったり遅くなったり、また乱れたりというような状態が現れるようになっています。

 

人間の心臓は定期的に動いていると言うようになっていますが、正常な脈以外の状態を不整脈と呼ぶようになっています。
したがって運動をしたときや緊張をしたときの脈拍に関しても、不整脈と考えるようになっています。
具体的には心拍の間に時間的なずれが発生しているというのが不整脈です。

 

不整脈であるかどうかを確認するためには、病院を受診して検査を受ける必要があります。
このときに検査で出てくる波形を確認して、不整脈の種類を把握することができます。
その波形にはどのような種類があるのかが気になります。
病院では心電図検査を行って状態を確認するようになっています。

スポンサーリンク

心電図検査では、波形が現れるようになっています。
この波形を確認して、不整脈の種類を判断することができます。
正常なときには、安定した一定のリズムで心電図の波形が現れるようになっています。
しかしこのときの波形の幅が狭いという場合には、脈が遅いと考えることができます。

 

広すぎたり狭すぎるという場合には、命に関わる可能性があるので、すぐに病院を受診するようにしましょう。
このほかの種類としては、正常な幅で心電図が現れるようになっていますが、波が高くなっていたり低くなっていることもあります。
このような状態が頻繁に発生していない場合にはそれほど心配する必要はありませんが、頻繁に見られるという場合には注意が必要です。

 

このようには系や種類に関しては、自分では判断することができません。
したがって種類を把握するためには病院で検査をしっかりと受けることが必要になります。
検査が行われたときに、医師に波形に関してどのような状態が発生しているのかを確認するようにしましょう。

スポンサーリンク