不整脈 心電図 異常なし 原因

不整脈の原因!心電図の検査で異常なしと診断された?

スポンサーリンク

不整脈とは脈拍が急に早くなったり遅くなったりする症状を言います。
これは心臓の病気の可能性があるためにすぐに循環器系の内科を受診することを推奨します。
循環器系の内科で血液検査や心電図の検査を行って異常なしとの診断がなされた場合、不整脈の原因は心臓以外の事が考えられます。

 

なぜなら、もしも心臓に異常があるのならば心電図に異常が発生するからです。
検査で異常なしと診断されて、安心感で不整脈が治る人もいます。
そのような人は精神的なストレスによって一時的に脈拍が乱れていたと推定されます。
また人間関係や仕事のストレスが原因で不整脈を発症する場合があります。
この場合も心電図の検査をしても異常なしという診断が下されるケースが多いです。

 

ストレスが原因で不整脈を引き起こしている場合は家族の時間を大切にしたり、カラオケで大声で歌うなどの気分転換によって症状が改善する事があります。
また温泉に行くことによってリラックスして症状が改善することがあります。

スポンサーリンク

不整脈を放置するとさらなる病気を引き起こす事があるために、早めに病院に行って心電図の検査を受ける事を推奨します。
心電図検査をしっかりと行って異常なしの診断となった場合は、不整脈の原因は様々な事が考えられます。
例えばアルコールの過剰摂取が原因で脈拍に異常が発生する事があります。

 

また煙草を頻繁に吸う人も、煙草が原因で脈拍が乱れることがあります。
どちらもそれぞれ、アルコールや煙草を辞めることによって症状が緩和される事が多いです。
特に煙草の吸いすぎを継続すると、心電図検査で異常なしとの診断となっても脈拍が乱れることが多くなります。
また今は検査で異常なしという診断結果でも、煙草の吸いすぎは健康を害する可能性があるので注意が必要です。

 

また日常生活の中で慢性的に野菜不足であったりビタミン不足の人も不整脈を発症する事があります。
毎日の食生活は自分自身の健康に直結するために、バランスの良い食事を心掛けるようにしましょう。

スポンサーリンク