不整脈 心房細動 アルコール 関係

不整脈の心房細動とアルコールの関係

スポンサーリンク

人間の身体の中には、心臓というポンプがあります。
これによって身体の中に酸素を取り込んで、血液をしっかりと循環させることができるようになっています。
その中で不整脈という症状が見られることがあります。

 

不整脈と心房細動とアルコールには、いくつかの関係があります。
適度なアルコールに関しては、循環器疾患によい方向に働くと考えられています。
しかしここで注意をしなければいけないことがあります。
それは一定の目安があるという点です。

 

男性に関しては、アルコールはビールの中瓶1本分となっています。
女性はこれよりも少ない量を目安とします。
アルコールを飲み過ぎてしまうと、循環器疾患の発症リスクを高くしてしまいます。
したがって適度な量をしっかりと守ると言うことが大切になります。

 

循環器疾患では、アルコールの摂取はよいことであると考えている人も少なくありません。
アルコールの血液に対するいくつかの作用があるからです。
それは抗凝固作用や抗酸化作用になります。

スポンサーリンク

アルコールを摂取するという人がいますが、これは不整脈や心房細動との関係が非常に大きいと考えられています。
不整脈や心房細動という症状がありますが、これは右心房や左心房の中にたくさんの電気刺激が発生してしまうと言うことになります。
そして心房の壁が細かく震えるようになってしまう状態です。

 

心房細胞や不整脈の時には、不規則な鼓動を感じてしまうと言うことになります。
不整脈や心房細動というのは、発作的に発生するようになっています。
これは発作性心房細動と呼ばれています。
時間の経過と共に発生する回数や持続時間が増えるという特徴があります。

 

このような心房細動は、飲酒や喫煙との関係が大きくなっています。
このほかにストレスや過労や寝不足との関係もあると考えられています。
この中でとくに飲酒との関係は大きいと考えられています。
したがって心房細動の時には禁酒をしなければいけません。
不整脈などの症状を感じたときには、まずはアルコールとの関係性も考えるようにしましょう。

スポンサーリンク