不整脈 電気ショック リスク

不整脈の電気ショックとリスクについて

スポンサーリンク

不整脈の症状が見られるときには、しっかりと治療をしなければいけません。
不整脈とはどのような状態となっているのかというと、基本的に1分間に60回から70回というリズムで動いている脈拍が、何らかの原因によって急に早くなったり、遅くなったりして乱れてしまう状態のことになります。

 

脈拍というのはどのようなことかというと、心臓のリズムのことになります。
必ずしも一定と言うことはなく、健康な人でも脈拍が一時的に飛んでしまうと言うこともあります。
これが一時的なものであれば、それほど大きな心配をする必要はありません。
心臓は一定のリズムで発信されている電気信号の発信源となっています。

 

この電気信号が正常に送られていると言うことで、心臓がしっかりと拍動を行っている状態となります。
しかし何らかのことが原因となってこれが乱れて不整脈の状態となってしまうことがあります。
勝手に興奮状態になってしっかりと信号が送られなかったりします。

スポンサーリンク

不整脈の症状にはいくつかの種類があります。
脈拍が早くなって症状が悪化するという不整脈では、めまいや貧血を引き起こすこともあります。
脳梗塞や命に関わることもあります。
したがってこのようなときには、しっかりとした治療を行う必要があります。

 

不整脈の治療法として一般的なものは次のようになっています。
それは電気ショックと言うことになります。
電気ショックと聞くと非常に恐ろしいと感じている人がいますが、不整脈には有効な方法となっています。
しかし電気ショックにはいくつかのリスクもあるので、そのリスクをしっかりと把握しておくことが必要になります。
電気ショックを与えることで、正常な心拍状態にする電気的除細動装置が使われるようになっています。

 

電気ショックではどのようなリスクがあるのかが気になりますが、この方法を行うことで致命傷になるようなリスクはありません。
しかしここで注意をしなければいけないのは、血栓が確認された場合です。
血栓が詰まることで障害が発生するというリスクがあります。
したがって電気ショックに関する内容やリスクに関する説明を、事前にしっかりと受けることが大切です。

スポンサーリンク