不整脈 頻繁 原因

不整脈が頻繁する原因について

スポンサーリンク

中年の人で不整脈が頻繁する場合は心臓の病気が疑われます。
そのため早急に循環器系内科を受診することをお勧めします。
循環器系内科では問診と心電図検査によって心臓に異常がないかを診断します。
心電図は睡眠時も検査するために検査装置は自宅に持ち帰ることになります。
そして心電図の結果は約1週間後に判明することが多いです。

 

心臓に何らかの病気が発見された場合は症状を緩和する薬が処方されます。
血圧の上昇が原因によって不整脈が引き起こされるケースがあります。
この場合、毎日血圧を安定させる薬を飲む必要があります。

 

また食事療法として塩分の少ない食事を病院から勧められる場合があります。
塩分を控えることは他の成人病予防にもなります。

 

不整脈があまりにも頻繁に続いて歩行が困難になっている場合は入院処置となります。
この場合は非整脈が落ち着くまで点滴治療となるのが一般的です。
入院をした場合は精密検査で頻繁に起きる不整脈の原因を調べます。

スポンサーリンク

10代や20代のように若い人であっても頻繁に不整脈が起きる事があります。
この原因は例えば徹夜でゲームをしていた等の理由があります。
睡眠不足が原因の場合は規則正しい生活を心掛けることによって不整脈が改善の方向へ向かうことがあります。

 

またパニック症状や過呼吸のように精神面の病気が原因のケースもあります。
原因が不明の不整脈が頻繁に続く場合は、心療内科に行くことを推奨します。
カウンセリングによって精神的な病気が原因だとわかった場合は、抗不安薬や睡眠薬が処方される事が多いです。

 

精神面が安定することによって頻繁に脈拍が乱れることが無くなります。
また、自律神経失調症でも不整脈を発症する場合があります。
仕事の過労などによって自律神経は乱れます。
そのため身体が疲れた場合は休養をしっかりと取ることが重要です。
また天気が良い日は太陽を浴びる事も自律神経の安定につながります。
さらに笑うことも自律神経を安定させるために、脈拍が乱れる機会が少なくなります。

スポンサーリンク