不整脈 頻脈 応急処置

不整脈の頻脈と応急処置

スポンサーリンク

日常生活の中で、脈拍に異常が発生すると言うことがあります。
脈に不快感が発生したと言うときには、不整脈の可能性が考えられています。
不整脈と聞いたときには、何か心臓の大きな病気が発生していると心配になる人も多くなっています。
しかし必ずしも大きな病気と関係していると言うことではありません。
不整脈にはいくつかの種類があります。

 

その中で危険度が高く応急処置をしなければいけないというものもありますが、その必要がないというものもあります。
心臓に異常が発生していなくても、加齢やストレスや睡眠不足などが関係して一時的に発生すると言うことも珍しいことではありません。
したがって不整脈が発生したときには、その状態をしっかりと把握する必要があります。

 

不整脈にはいくつかの種類がありますが、脈拍が通常よりも早くなる頻脈という状態があります。
ほとんどはそのままにしておいても自然と治まるようになっています。
しかし中には応急処置が必要な頻脈もあります。

スポンサーリンク

応急処置が必要な頻脈に関しては、次のようになっています。
それはなかなか症状が治まらなかったり、めまいやふらつきというような症状が現れたときです。
このほかには息切れや湿疹というような症状が現れたときにも、頻脈では応急処置が必要になります。
このような症状が頻脈の不整脈で現れたときには、大きな病気が背景にある可能性が高くなっています。
すぐに医療機関を受診するようにしましょう。

 

緊張をしたり気持ちが高ぶっているときに発生する不整脈に関しては、応急処置をすることで大きな効果が得られています。
頻脈が発生しているときの応急処置としては、安静にして気持ちを落ち着けると言うことが必要になります。

 

また呼吸を止めて、胸やお腹に力を入れて息を止めるという方法もあります。
このほかには冷たい水を飲むという方法もあります。
睡眠不足や疲れなどが関係して自律神経が乱れているという場合には、食生活や生活習慣を整えるという方法が効果があります。

スポンサーリンク