不整脈 薬 納豆 関係

不整脈の薬と納豆の関係性とは?飲み合わせが良くない?

スポンサーリンク

毎日の生活の中で、規則正しい食生活を心がけると言うことは健康に大きくつながると考えられています。
その中で納豆を食べているという人も少なくありません。
納豆は非常に健康によいと考えられていますが、これが不整脈と関係していると言うことがあります。

 

不整脈の種類によっては、納豆を食べることができなくなる可能性もあります。
すなわち不整脈と納豆の関係は深いと考えることができます。
納豆は体によいと考えられていますが、ここには植物由来のたんぱく質がたくさん含まれていると言うことが関係しています。
この中で血液の塊である血栓を溶かす成分が含まれているという点が非常に注目されています。
したがって脳梗塞や心筋梗塞の発生を予防することができると考えられています。

 

このほかに免疫力を高めて、乳がんなどの予防をする効果もあると考えられています。
しかしこの中で不整脈と納豆との関係が指摘されています。
それは具体的には薬との関係性ということになります。

スポンサーリンク

納豆にはいくつかの栄養素が含まれていますが、そのなかにビタミンKという成分が含まれています。
これはどのような働きをしているのかというと、皮膚や血管が傷ついたときに、その傷をできるだけ早く治すためのたんぱく質を作り出すときに必要なビタミンとなっています。
この成分が不足していると、軽いケガでも大きな内出血が発生する可能性があります。

 

この働きは、血が固まりやすい人にとっては逆効果ということになります。
具体的にはどのような病気かというと、不整脈や糖尿病や高血圧となります。
このようなときには薬が服用されるようになっていますが、この薬との関係性が非常に注目されています。
血液が固まりやすくなってはいけないという病気に対して処方されている薬がありますが、この効果が納豆によってなくなってしまう可能性があります。
したがって不整脈の薬を服用するときには十分に注意をしなければいけません。
最近では、抗血栓薬の中でも大丈夫なものもあります。

スポンサーリンク